気になる体の悩みを解決する手段を紹介いるので覚えましょう

効果的に美しくなれる話題の方法とは

受ける前に

乳房再建術を受ける方法

現在では乳がんで乳房を切除したあとの乳房再建手術においては多くの場合、健康保険が適用されるようになり、それに伴い乳房再建術を手掛ける医療機関も増加しています。 乳房再建術は乳がん手術と同時に行われる場合と、乳がん手術のあとに時期をずらして行う方法があります。 乳がんの手術後に乳房再建術を受ける場合は、手術した医療機関以外の形成外科や美容外科などでも受けることができます。乳房再建術は人工乳房で再建する方法と自家組織で再建する方法などがあります。 人工乳房の場合はシリコンバックなどを利用するのが一般的です。自家組織の場合は、腹部や背中、わき腹など皮下脂肪が豊富な部分から移植して行われますが、どの方法にするかは医師と良く相談して決めることが大事になります。

乳房の再建が人気の理由

乳がんになって乳房を失うことは、がんになったとショックと乳房を失ったショックの二重の辛さを味わうことになります。 乳房を失うことで、自分の容姿を見るたびに落ち込む女性も多いですし、人に見られたくないという気持ちから外出などを控えて内向的になってしまう人も多くいます。 乳房を再建することは、生きる望みや生活の質を上げることにもつながり、女としての自信も回復することができます。 また、以前は乳房再建術には健康保険が適用とならず、手術を受けるには高額な費用がかかってしまうため再建を断念せざるを得なかった人も少なくありませんでしたが、現在では健康保険が適用となり、経済的負担が少なくて済むのも人気の理由となっています。